バリ島旅行の基礎知識

画像参照:Thomas Depenbusch

バリ島(インドネシア共和国)は日本から飛行機で約7時間の場所にある、日本でも人気のある旅行地です。 バリ島はごみ問題に直面しております。プラスチックなど自然に分解できないものは、持ち込まないか、 持ち帰るようにしましょう。美しい島「バリ島」を大切にしましょう。 また、「インドネシア」と「日本」は友好関係にあり、政治的にも安定しています。友好的な安心したバカンスをお勧めします。「バリ島」は「インドネシア共和国(Republik Indonesia)」に属する島で、第一級地方自治体の「バリ州」に位置します。インドネシア共和国はおおよそ1万8000からの島で形成され、アジアで唯一赤道が通過している国です。国の人口は世界で第4位の2億3000万人の多民族国家であるインドネシア共和国には約300の民族、583の言語があると言われており、国全体では国教のイスラム教信仰者が87%にのぼり、世界最大のイスラム教徒を抱えていますが、民族によってそれぞれの文化や宗教を信仰しています。1年中常夏のトロピカルなバリでは、いつでもリゾート気分が満喫でき、日本が海開き前でも、雪が降る寒~い季節でも、365日ビーチ・リゾート・ステイを楽しめます。しかも、小さな島だけに、東西南北どこへいってもビーチだらけです。サンセットのキレイなビーチあり、マリン・アクティビティが楽しめるビーチあり、断崖絶壁から見下ろすビーチもあれば、サーファーしかやってこないシークレット・ビーチなど、それぞれが異なった魅力を持っているんです。一般的には「外国人料金」と「ローカル料金」が存在します。「外国人だからて値段が変わるなんておかしい」と思いますが、バリ人であっても同じです。かわいくて手ごろな雑貨が島中で手に入るバリは、ショッピング天国です。ビギナーさんにはモールやデパートでも十分に買い物を楽しむことができます。また、バリには小さな雑貨屋さんが並ぶエリアがあちこちにあります。掘り出し物を探すなら、市場や工芸品の産地へ直接赴くというのもありです。思わぬお宝をゲットできるかもしれません。また「インドネシア料理」とバリの伝統料理である「バリ料理」を味わうことができます。どちらもインドネシアで採れる新鮮なスパイスをふんだんに使ったスパイシーな料理で、日本人の口にも合います。南国の温かい気候にフレンドリーな人々、そしてショッピングやエステと、旅行中は女子が大好きなもの目白押しです。